Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img_db7f4924143dd8d9e6cee35011f9099f
ルドルフG Rose ルーピング
Img_3dcc041fea224817ec72ded5653719ed
ルドルフG Rose アーサーベル
Img_4e245c557c9df32f0966e1261bd50bae
ルドルフG Rose ディズニーランドローズ
今月の後半の訪浜はイギリス旅行と重なるため、この時期に臨時で訪浜した。バラの季節であるし、3週間のブランクとなる期間なのでちょうど良いタイミングだ。

送ればせながらバラが咲き揃ってきたが、数が少ないようだ。四季咲きのバラがほとんどなので、今後の返り咲きは順調にいくよう、花柄摘みと剪定を施す。
Img_f17c28e9b7a31d5018958bccbdbee21a
ローズガーデン Rose ルージュメイアン
Img_8c83a8f36262813cf90a7b48c6ad3f4f
ローズガーデン Rose ゆうか
Img_da33f5df26b0954b5e3917d7c2bf244d
ローズガーデン 花に囲まれた主人公
Img_f0c3c8f18a3d22ec039265d5b46648d8
丸太ラティス Rose チョコレートサンデー
Img_b2c993e96dedf9f27613cd0b983f6a8a
R花壇 Rose 花名不詳
Img_783c133a124ef5362b3d26f5d01cedbe
ロングパーゴラ下 ヨーランド・ダラゴン
Img_dec6b244de95484d7065d05ce6982fd1
バックレーン Rose レインボーノックアウト
Img_321810534e5e7196d119ad51512256ef
ローズガーデン Rose ブラスバンド
Img_e051e5a6a2c56cf12563767622c82e64
バックエンド Rose ニコール
Img_c6629e32804925d672768e68d0f13cb6
バックレーン
Img_65880943b6f62bf625e7976794492d77
バックレーン
Img_3f26f98128266654e9e7fce9e37ff517
バックレーン
バックレーンの草花は春から初夏の花へと入れ替わってきて、とても良い感じで初夏の風に揺れている。デザインの狙い目通りになってきた。カラースキムをしたF.Uの努力に感謝。

写真上
左 三尺バーベナが名前の通り高々と伸びてきた 剪定枝の支柱も良い感じだ
中 メドーセージはいかにも初夏の花だ 樹木はネグンドカエデ・ケリーズゴールドと桜・アーコレード
右 アナベルも間もなく白く開花するだろう ネグンドカエデとベニスモモの色の対比が鮮やかだ

写真下
左・中 バラのトンネルのバラも4月の低温のダメージが大きい 
     クレマチスが例年よりよく咲いているだけにコラボレーションを楽しめないのが残念だ
右 ピンクの花は手前からアスチルベ バラ・レインボーノックアウト 三尺バーベナ
   樹木はマルバノキ(左 丸葉) トキワマンサク(右 銅葉) アーコレード
Img_30da302fbd0a134a39b4f387eed72f7a
バックレーン
Img_c3be67a74d380367fad4a7e0fb2d567d
バックレーン
Img_d3fee3b8a79608289a8f1403583217a8
バックレーン
Img_abf54a521466f2f6eafc7bb3d91fcb21
ボーダーガーデン
Img_0e790a477b333c51b7cf1e1711e66621
バックエンド
Img_4d4bee49c960d61a3039013390fdb6e0
ハーブヒル
写真上
左 クラリーセージ・バチカンホワイト セージとは思えない巨大な葉だ。
中 ニコチアナ 宿根したのだが昨年と違う形の咲き方をしている チョコレート色の方は変わらない
右 キャットミントとクレマチスが咲き誇り妍を競う

写真下
左 手前からビオラ ベロニカ・ロイヤルキャンドル ベロニカ・ロンギフォリア バラ・アンジェラ
中 アリウム・ユニフォリウム 3年目にして初めて咲いた
右 柏葉アジサイ その内に手を焼くほど大きくなるだろう
Img_b9bb9ddddcaf985e02bda8f894542383
ボーダーガーデン ブルーゾーン
Img_ab474e43e904ba322b382d542cbc610e
ボーダーガーデン ブルーゾーン
Img_e64178bfd3ab9624222f9e1a4aa2c225
ボーダーガーデン ブルーゾーン
写真下 エキナセア・フラダサー 花びらがフラガールの腰蓑に似ているところからこの名が付いた
     風に揺れていかにもフラダンスを踊っているように見える
     
Img_b2afc4f3be7bab91d9e9b01f12bca77c
ホワイト・ガーデン
Img_9412e5936824641582ee87e2e33750d5
ホワイト・ガーデン
Img_a12b62bb9955ca4735d4358a5e34d9a8
ホワイト・ガーデン
Img_ac91eb956fde1ec53d5a09c5cbcfaf08
ボーダーガーデン ホワイトゾーン
Img_12d065f34fd7318f1f637914f8bdfeef
グラベル・ガーデン
Img_a09785bdb5a9b685209a7a6d880917a1
ルドルフ・ガーデン
写真上
左 中央下のグラス・スティパが陽光に銀色に輝く スティパの右はタナセタム・ジャックポット
   薄いピンクの花はペンステモン 中央樹木は斑入りプリペット その左はノコギリソウ
中 花序を伸ばし始めたホスタも見られる 夏が来てガウラが元気になってきた
右 ルドルフが刈り込んでもらいスマートになったバニーテール(左白い穂)、リシマキア(銅葉)、
   コレオプシス(右の若草色の葉に黄色の花)、ホスタの葉色、葉形の違いが面白い
写真下
左 ペンステモン2色(手前) カワラナデシコ(中段銀葉) クレマチス(奥)
中 ベンチは風も通り目にも涼やかな景色が映り良い季節だ
右 エリンジウム・エバネウムがあっという間に背を越えた
   この位で収まっていてくれると良いのだがまだまだ伸びるのだ
Img_10280060917b3bbf3fbf53487612c019
ボーダーガーデン レッドゾーン
Img_723ad86d612d6cc08573232f78001e8c
ボーダーガーデン ブルーゾーン
Img_b66e4a72808cd454e6a33c60c3167dc5
ボーダーガーデン ブルーゾーン
Img_40af064f76b7c1434273ccecff7ea581
BBQガーデン フクシア・ハンギング
Img_c32d0179abe5e4184c17a15e3ffbbde7
ボーダーガーデン イーストゾーン
Img_9c62595e1b02f5a3084ad33690eb7958
ローズ・ガーデン
写真上
左 岩手県の生産者から取り寄せているが 今年は寒さで苗が駄目になり育て直したため小さな苗だった
   6つのハンギングを作ったが ようやく開花第1号だ
中 チョコレート色のヤグルマギクと黒色のホリホック(タチアオイ)がシックな雰囲気だ
   子供の楽団・フルートの右はスモークツリー その右のバラ・クイーンマザーも開花し始めた
右 ローズガーデンは花数が少なく少し淋しい

写真下
左 ルドルフ・ガーデンのカラーテーマは黄色とオレンジ 黄色のカラーを見つけ即求めた
中 フラックス(後)がそろそろ終わりを迎え イソトマ(手前)が咲き始めた
右 シックな色合いを別のアングルから
Img_c8120ebff25f8ca724315ef9c35a3c9d
ルドルフ・ガーデン カラー
Img_4edef423785a433478c848e6efa7c133
ボーダーガーデン ブルーゾーン
Img_a0d31460190c203d61a36a54437d5e6e
ボーダーガーデン イーストゾーン
写真下
左 ローアングルからグラベル・ガーデンのゲラニウムとガウラ(白鳥草 or 白蝶草)
中 バニーテールとゼニアオイ
右 接木でスタンダー仕立てにしたバラ・マチルダ 奥は矢羽根ススキ
Img_f69ddb32c0f57851211189963cfec718
グラベル・ガーデン
Img_f8f5241eaee8d78968f6166495ff3e32
アイランド・ガーデン
Img_71fdf9c597d050deebd5670dde436db6
アイランド・ガーデン
Img_356a52ba97e73c3a5df839eeed7502c6
Img_20a89e40cc7f24955d585a3288330b07
Img_d5b3b96c7df37f7945e3fc0e96041e31
東京は連日大雨だ。朝、家を出る時にも雨に濡れながらタクシーに駆け乗った。
浜松の天気予報も雨マークだったので、遠鉄百貨店で旅行用の買い物でもしようと思っていたのだが、浜松駅に着くとピーカンだ。
陽だまりの辺りでは梅雨に入ってもほとんど雨らしい雨がないのだという。暑さと乾燥で草木が傷んでいる。それでも草木は茂り、夏のガーデンなってきた。

写真上
左 グラベルガーデン 砂利が見えなくなるほど茂っている
               ガウラ(白蝶草)の花茎とホスタの花序が背比べだ
中 ボーダー ブルーゾーン 左銅葉 コルジリネ 中黄緑 コバノズイナ 左グラス スティパ
右 ボーダー イエローゾーン アカンサスモリスが咲き出した
                    アガパンサスも花序が伸びて間もなく開花だろう

写真下
左 ルドルフ・ガーデン コレオプシスが満開だ シャスターデージーも大きな花をつけている
中 ハーブヒル アーチの夏雪カズラも白い花をつけ始めた
右 アイランド・ガーデン アナベルの白い花が爽やかだ 間の黒花のホリホックがアクセント
Img_accc9f31ec476f1d1f916b88b764083f
Img_2f78ef45491a5864e64d8051869a6dca
Img_7a5d0f6acef498447ad36c6fa40e20a0
Img_00bc4783467b8c67b56b1d8edb28b3f5
Img_69eaa0c99b66ccfefca4c7861329c917
Img_2dabc9c5d447a7b3143c8b59096bd9a2
写真上
左 バックエンド 白花のスモークツリーと鮮やかなブルーのヤマアジサイが涼しげだ
中 バックエンド 銅葉の樹木を背景にピンクのニコールとカワラナデシコが映える
             ニコールは白地にピンクの覆輪が可愛い 花着き花持ちも素晴らしい
右 バックレーン 手前紫花 ブットレア 中 アナベル 奥 ネグンドカエデ

写真下 いずれもバックレーン
左 左白花 バーベナ・ハスター 右赤褐色 リシマキア・アトロパープレア
中 メドーセージと三尺バーベナ どちらも背が高い
右 フォーカルポイントの松ぼっくり周辺も茂ってきて夏の装いだ
Img_98076e6051e95eabf029ec46d6a591b8
Img_d6f0441941ec4b7d27aa6d80fd88f653
Img_9d9d796b2cde612af10b7659f598314e
Img_b6d6c3d597754d0e609c528efac4cca2
Img_70d90da799363949db3e58a2d27adfd7
Img_e94f215536ac33e07ac242810eaf6b6d
2007年2月、陽だまり造りが始まって最初の作業はクリニックの駐車場に置く寄せ植え作りだった。
陽だまり本体は成果が見えるまでに時間がかかる。私達の存在感を関連施設の職員さんに示すには目に触れやすいところに美しい寄せ植えを置くのが手っ取り早い。その流れでK花壇の整備もした。

当初10鉢のコンテナを並べたが、駐車場だけにしばしば車に当てられる壊された。都度同じものを買い足していたが、在庫がなくなったため当初のものは現在は4鉢しか残っていない。その後買い増しした少し大きめのコンテナが5鉢加わり、現在は9鉢になっている。(写真上左)
昨年11月半ばに寄せ植えしたコンテナの草花もさすがに草臥れたようだ。
元気なコニファー、クロウエア(サザンクロス)、初雪カズラ、ラベンダー、クッションブッシュなどはそのまま残し、幾つか植え増してやる。パターンは3種。
3鉢ずつ並べる中心となるコンテナにはペンタス(紫)、ユーフォルビア、カリブラコア(ピンク)を入れる。(写真下左)
両脇の大きいコンテナにはアンゲロニア(白)、ヒポエステス(ピンク)、リシマキア・オーレアを。(写真下中)
両脇の小さいコンテナにはアンゲロニア(白)、ヒポエステス(ミックス)、日々草・フェアリースター(ピンク)、リシマキア・オーレアを植え込んだ。(写真下右)
私達流寄せ植えは植え込んでから1ヶ月以上経った頃が見ごろで、半年は持つ植栽だ。だから写真では少し淋しく見える。

写真上
中 ボーダー イーストゾーン 緑も一層濃くなり夏本番近しだ 一雨欲しい乾きようだ
右 ローズガーデンとボーダーに架かるパーゴラ2 左からクライミングするドリーム・ウィーバーは
   花数は昨年より少ないが根元から頂上までまんべんなく花をつけている
Img_72bc09860c8a50ce0ba624e60c75b22d
Img_7f75ae7ab7341c8afd4d56d66e730c45
Img_d9a9166ba6261f5d2ec95550bb230860
Img_be067a022063211dd8e61d10dd0aedee
Img_6ff69167269dbdc0a6173dd6780e3aed
Img_c08974d3dd653f8711c07fe5b9ec175e
クリニックの玄関にイタリア製マーブルストーンのコンテナを置いたのが2007年3月、クリスマス用の寄せ植えを11月に追加したのだった。
そのマーブルストーンのコンテナにはホスタとヤブラン、インパチェンス2株を植え増した。(写真上左・中)
もうひとつの中鉢にはペンタス(赤)、ユーフォルビアを植え増した。(写真上右)
外来患者さんや職員さんの和みとなってくれることだろう。

写真下
左 丸太ラティス チョコレートサンデー 植えて2年目でここまで伸びた 花数も多い
中 ローズガーデン マスコット“エプロンの少女”
右 アイランド・ガーデン 自作スタンダード仕立て マチルダ 花は小さいが美しさは変わらない
Img_1d6f580fe6be720bafc5c8454a58285f
Img_7aa5837c4456df4465ea3b26bef46fbf
Img_c470ded423f486d71a66884b03acab96