Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img_f9071780753a428a00d3bc05b50b1b4e81a527ed
作業ハウスの窓もクリスマス飾り
Img_2840a434b6d238fa5ba8d8ee735f50a188c43718
Rose ハニーキャラメル
Img_41f77b3dde6854381d95f88393ef3821affbd0f5
Rose ニコール
12月はスケジュールを変更し、2日から5日と16日から19日に訪問する予定にしていた。
11月28日頃からなんとなく体調が悪いと感じていたが、30日の夕食から物がのどを通らなくなった。節々が痛い。筋肉が痛い。体中が痛いのだ。しかし、熱はない、下痢もない、腹痛もない。
3日の昼までひたすら横になっていたら、若干回復した。遣りたい作業は幾つもある。夕方の新幹線で訪浜したが、悪化した。
そんな訳で、今回は2日ともY.Yのクリニックで点滴を受けて過ごした。その間、妻(45年間のペーパードライバー)はタクシーで陽だまりに通っていた。  <T.U 記>
Img_c47a139f6648c2911fa5676fa7164eec
オベリスクのポニー 手前は舞姫
Img_ff5090382856d698ac209124fe32b6e6
バックレーン バラのトンネル 
Img_ba33ea1b1d3b60bcace17c65517807b7
アーチのシュネーバルツァー
前回は点滴のお陰で何とか帰京した。その後は薬をきちんと服用し、アルコールを一切断って静養に努めた。2、3日で食欲も回復したが、体に力がない。自転車を漕いでも今までより1段低いギアでないと疲れる。
14日午後の診察を予約してあったので13時20分、クリニックに着く。診察時間までコンテナの草花の手入れなどして過ごす。
診察結果は検査数値は下がっているが、まだ異常高値なので薬の服用と食事療法、禁酒を続けなければならない。(誕生日もクリスマスも飲酒なしで過ごした。29日現在、我がアルコール人生最長の28日間の断酒だ今までの記録は大腸を手術した21日間だ。それ以外は休肝日の週2日以外は止めたことがなかったのだ。結論、”アルコールは体に毒”だ。すこぶる体調がよいのだ。かといってアルコールなしの生活もつまらない。Y.Yの許可が出たら、回数も量もほどほどに楽しみたいと願っている。)

閑話休題 今年の訪浜も今回が最後だ。つるバラの剪定は12月中に済ませなければならない。前回何もできなかったので今回済ませなければならない。スタッフには15から18日まで出来得る限り手伝ってもらえるよう。非常召集をかけた。
お陰で18日午後まで、丸4日間かけて特養Kのつるバラも含め32本のバラ全ての剪定と誘引・固定ができた。
昨年は延べ2日半くらいでできたが、1本1本が成長し、シュートの数も長さも比べ物にならない。それだけに時間がかかるのは嬉しい悲鳴ということだ。
固定してあった麻紐を全て解き、アーチやオベリスク、ラティス、パーゴラから全ての枝を外し、不要の枝を剪定し、再び誘引・固定をするのだが、ゲートのフランソワ・ジュランビルとパーゴラのユアイン・ネルン・アンブロ、オベリスクのアンジェラとシティー・オブ・ヨークは外すことができず、固定を解いて不要の枝を剪定する。日当たりを確保する間隔に保つには、半分ほどの枝を剪定しなければならないほど茂っているのだ。ゲートのフランソワ・ジュランビルだけでH.Tと二人掛りで丸1日かかってしまった。脚立に乗っての高いところの作業は風当たりが強く、寒さも厳しく感じられる。スタッフ一同、刺し傷・引っかき傷で満身創痍だ。
Img_7dd0b5e0b14a5e998c5bcf1243cc0368
パーゴラ シーザー、ドリーム・ウィーバー
Img_2e1d1f5e832e1037051142b81021026b
ゲートのフランソワ・ジュランビル
Img_dbbee94b6d34eec11f1947462bab4c95
ハウス東 ポールズヒマラヤンムスク他
年内の懸案事項を済ませ安堵の帰京だが、いつもなら新幹線車内でスキットルのスコッチを楽しみながらディナーを楽しむのだが、ノンアルコール・ビールとは寂しい限りだ。
体調が回復してから、ノンアルコールのワインを探しているが、見つからないものだ。唯一、シャトー勝沼のものがあったが、白は兎も角も赤はいただけない。引きかえ、ノンアルコール・ビールは種類も多く、それなりの評価ができる。ビールの泡立ちだけはまねできないようだ。
レストランでノンアルコール・ワインを置いている店が1軒だけあった。ドイツ製の赤だったが、少々甘すぎた。先日は行きつけのワインバーに行って「ノンアルコールはあるか?」と訊いて呆れられた。ワインバーでノンアルコールもないものだ。ここは料理が美味しいので、妻がオイシそうに飲むワインを横目でにらみながら、ノンアルコールカクテルでディナーを楽しむ。
「タバコはやめたが、酒は絶対やめられない」と公言していたが、その気になればやめられるものだ。正に「為せば成る、為さねば成らぬ・・・」と実感する今日この頃だ。

今日の日記は脱線が多くなったが、今年も1年、陽だまりで様々な出来事や出会いがあった。おかげさまで充実した1年が過ごせた。この幸運に感謝。また来年も進化する陽だまりにしたい。  <T.U 記>
Img_876f74fd4f761b41be20c1d3067100ba
Rose ギィ・ドゥ・モーパッサン
Img_3c44f5bd4a1aa2967e37c4f22d100d6a
Rose クイーンエリザベス
Img_b97075da4a518c66b9bd0f65dfd312c4
Rose  ハンス・ゲーネ・パイン
つるバラは剪定したが、木バラは12月末まで咲いてもらおう。今年は秋らしい日が短かったが、寒さの中でも良く咲き続けてくれるものだ。
12月末になったら、全ての花と蕾を落としてもらうようスタッフに依頼する。1月からはゆっくり休んでもらうことにしよう。
Img_4f093f18c3ae1aed85f277ed853bbdb4
Rose ゆうか
Img_277510e7f2b3b65abe779444e0ce1715
Rose クロード・モネ
Img_99c1ec04a2b5e5078b82dc758e6475a5
Rose レインボー・ノックアウト
秋バラは春のバラと比べて花色が濃い。昼夜の寒暖差の所為だという。これが同じバラかと思うほど変わる花もある。そして、香りも高いように思う。花の日持ちが良いことも特徴だ。春バラのようなボリューム感はないが、凛と張りつめた美しさがある。
陽だまりのバラは譲り受けた幾つかを除いて四季咲きのバラを揃えている。一時期の華やかさでなく、年中楽しみたいと考えてのことだ。それにつけても、次々に良く咲いてくれる。
Img_e9da88238602921a8a956ffdbcc56747
Rose ルージュ・メイアン
Img_7ce62e693ffb1024a352462483e4b80c
Rose わおん
Img_d887a72c4c3735003198abef246dae2c
Rose 黒真珠
Img_babbc558c1970f0b8369df6c49a1426f
Rose ラベンダードリーム
Img_dda004bfd7087f29b8f0c7ca347baa21
Rose 舞姫
日が短いので、作業の終わりは点灯しなければならない。ハウスの屋根に取り付けたイルミネーションも良い感じだ。梯子を登るサンタもハウスのほうが相応しい。スノーマンは今年の新人さんだ。ソーラー充電でLED電球は結構明るい。配線がいらないのが助かる。
ハウスの西側のコンテナに植えたつるバラは、丸太パーゴラの柱に銅線を引き、これに固定した。来春の”ハウスをつるバラで覆う作戦”の成果が楽しみだ。  <T.U 記>
Img_59c7f07a1750610ab71d16f4fe53f4a9
ハウスのジュリスマス・イルミナーション
Img_e3bf1bc7a656f078d8109c10fcb71bc3
スノーマン ソーラー充電 LED
Img_c0364092659c53590bf6c67d352e6161
ハウス西のつるバラも誘引・固定