Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img_286a652c9c7781586460e968645d9f79d14cdfd9
開花した利休梅 期待通りだ
Img_2c2272afc45a88a28505656ea5d7d400343c510d
ジューンベリーも満開 実が楽しみ
Img_09c1479dc3a744fb22749f77ce8b2e5773dcb4ad
花散里 メイプルレインボー
3週ぶりの陽だまりだ。確かめたいことが沢山ある。
前回求めた利休梅は期待にたがわず、透明感のある清楚な白色の花を沢山つけている。花の形も梅というより桜に似て、しかも大きい。予感が的中して満足だ。
ジューンベリーは散り初めだ。こちらも沢山の花をつけた。昨年は花は咲いたが実が少なかった。今年は一昨年同様沢山の実を楽しませてほしいものだ。
花散里(はなちるのさと)ことメイプルレインボーも乳白色の若葉を広げ始めている。昨年は酷暑のため葉が灼けてレインボーになれなかったが、今年は名前の通りに変化してほしい。
Img_252da4b4e42ea62e7cc4eacc825b911f3e51208b
アメリカハナミズキ 白 赤はまだ
Img_ede8f627318d16884326835acb69213ecb089168
ライラック 紫 白はもう少し
Img_fa06af6f618776e6cb34cd8586760e95dc847c4d
黄金下野 常盤万作 白露錦
アメリカハナミズキは昨年までは十分に花をつけなかったが、今年は期待できそうだ。どうやらしっかり根付いたようだ。白花から開き始めた。赤花は4,5日遅れだろう。
ライラックは2年目だが咲いてくれた。こちらは紫が先に開花した。
オウゴンシモツケ、トキワマンサク、ハクロニシキの三色トリオ。オウゴンシモツケはすっかり黄金色になったが、トキワマンサクはこれからピンクの花を沢山咲かせるだろう。ハクロニシキも間もなくピンクの若葉が吹き出すだろう。
ニセアカシア、ベニスモモ、ヤマホウシ、シラカバ、エゴノキなども旺盛な生育ぶりだ。

ロンデルガーデンの洋芝の様子はどうなったろうか? 種を播いてから2週間だ。こちらも期待以上に綺麗に生え揃っている。H.TとM.Sの丁寧な仕事ぶりが見て取れる。この先が楽しみだ。

巡回の後はひたすら通路のタイルの目地に芽を出した雑草取りと掃き掃除に取り組む。植物が美しい姿を見せてくれるのだから、ガーデナーの役割はより美しく見せる舞台作りだ。  <T.U 記>
Img_31810a28135a2aeb320d53edc9b205715a9f5735
種の着き始めた花を
Img_4836e01b558dbaeac21c7cd412d63a94071fc6c9
カットしても なお 咲き誇る
Img_74379e46e0430ddcbc65fa73524d13e4dadf573c
クリスマスローズ
Img_61fdef6839842e3113a1cdeb65192cfd5cc936c0
この春求めた
Img_90335d0c387a5044a7a76d960eb235c22acb582c
フクシアの苗を
Img_02b1bb76e58d5ff9013442621f3056619c6f8fe3
ハンギングに仕立てた
今日の作業メモには一言「草取り」としか書いてない。
ルドルフガーデンにこいのぼりを立てた以外は草取りに終始した1日だ。
Img_1cbea3714c5edef9c82a68b5b99f2aebe6d67699
ゲート下 イベリス
Img_ebee67f2bb07b6fc61c1cfd3f0a86dc94d00daab
看板下 アレナリア・モンタナ
Img_5548acce6e3c73675365220dc9c336a5bd9bdfe3
ゲート ハンギング ゼラニウム
女性軍はこの日に合わせネットでオーダーしてあった宿根草や灌木の植え込みや宿根草の株分けなどの作業に取り組む。
ネットショップは”サカタのタネ”、”タキイ種苗”、”京成バラ園”(以上はネット会員になっている)、”おぎわら植物園”、”大神ファーム”、”及川フラグリーン”、”大森農場”、”国華園”、”ハナノヤカタ”、”アイリスオーヤマ”、”東北緑研”、”東急ハンズ”など北海道から九州まで多岐にわたる。芝生は”バロネスダイレクト”を利用している。
Img_d8df55ebd41c27ad0c3311635868179a6ae3c15e
花が終わり葉を広げるベニスモモ
Img_5a40d04e77880ae1819206882b6b42d5c7cda67d
バックレーン 白花オダマキ
Img_f9d5474ccf8b6074620ea6c0b40665a3c5894e62
バックレーン フォーカル 松ぼっくり
15時ころから雨が降り出した。緑花木センターやホームセンターであれこれ物色して歩く。
芝の目土や農薬などの資材と草花25株を仕込む。  <T.U 記>
Img_57fdb5dddee0a19a0a8ed0034f9c37193dfcc62b
可愛く咲きだしたローンデージー
Img_25a34c76aa76596cfb39895b7ae9b93e870fa5db
ブルーベリーも満開 実が楽しみ
Img_f924dc0543dbc83d6ebab75a4d7a585510c8cd60
ネギ坊主をつけたチャイブ
Img_06089ca9263bb6e8b87478e7be277c3eb5033184
ボーダー レッドゾーン
Img_92a3dc7119b3eaa8dd6ecc19dedf6079495ab463
ボーダー イエローゾーン
Img_a31b12e34374d423b855948aced5c59e8618769c
バルブガーデン チューリップ
雨は未明で上がり、絶好のガーデニング日和だ。
しかし、今日の作業メモにも「草取り、苗・花の手入れ、花柄摘み、落ち葉掃除」と載っている。
この3日間ひたすら地面にひざまづき植物や草と対面していた。蟻さんになったような気持ちだ。
ボーダーに植えたビオラや花かんざしの生育が遅いのが気にかかる。
Img_c246e82ac977384b30a3fdd381728748d8daf372
R花壇 チューリップと勿忘草
Img_a375f84fb0b1c0a1e2f7e426cb1f2d437f45f84a
K花壇 咲きだしたポーチドエッグ
Img_2f36c7447d1dab40f0702d114fe3135a3880e7a0
K花壇からゲートを
H.Tには芝生に目土を入れてもらう。すでに、この春一度施しているが、足りない所に追加で入れる。
この春は訪れが遅く花の開花は遅れているが、ローズガーデンの高麗芝は早くから緑の芽を吹き出し、すでに刈り込みも一度行っている。冬の間にエアレーションや根切りなど手入れをしている賜物だ。
ロンデルガーデンの洋芝とともに今年も緑をもたらしてくれるだろう。
Img_2b982a9b880f4473131229fef3a4498358a418d1
ボーダー イーストゾーン
Img_fae9626e28ed562eb963b2aadd17b8fc5bc794c5
ネモフィラも満開だ
Img_5969f035490b60cd53d04abae88f859917281a1c
ハーブガーデン フェリシア 2色
BBQガーデンの椎の木の春落ち葉が大量に落ちる。下のクリスマスローズの手入れをしていると頭に当たり痛いくらいだ。
夏には緑陰をもたらせてくれるが、この時期だけは厄介だ。
同じく常緑樹のシマトネリコの春落ち葉も沢山落ちてボーダーを汚す。美しいガーデンへの近道なし、こまめに拾い集めるしか方法はない。  <T.U 記>
Img_7ec7b6a8ee756225ec32e9abe0a304cb5c3de4dc
ルドルフガーデン こいのぼり
Img_764896bb25aa0c47d59eb9ed1ea1357a7c9d9646
ロンデルガーデン 芝の芽
Img_752615b6668b847f8f995cf62fbe79d746c644b2
グラベルガーデン
Img_2ce609874af675bf4c5661622e4e18c1f044b95d
P花壇 チューリップと蔓バラ
Img_94c63e90827a4fd1985aa446eb7b5c274d2fab4f
BBQ炉 寄せ植え
Img_a29ce1ad6279f80191cd1567036ac170903ccdff
白から青ゾーンの境にアクセント
私はゲートのハンギングの手入れ、妻はフクシアのハンギングを2つ作成の後、クリニックの寄せ植えの手入れに行く。
日ごろの水遣りや花柄摘みなどの手入れができていることと、置き場所の環境が良いことが相まって、見事な生育ぶりだ。スイートアリッサムやパンジーがコンテナから溢れ出ている。
花柄を摘み、下葉などの整理をし、液肥を施し固形肥料を入れる。
クリニックの入り口前は日当たりは今一つなので、徒長気味ではあるが、美しさは十分保たれている。同じように手入れしてやる。
Img_aa59d2983022683c076ac67e965b7f0bdda758e2
ハーブヒルからロンデルを望む
Img_975fa3c7af650bbc7193a576ca8af2bf998dc063
レッドゾーンからゲートを望む
Img_76c388ad970ac3ce09421f2c6a0ca6ee74b491a4
フウロウソウとホスタ
陽だまりに戻り、この4日間の作業を振り返りつつ巡回する。
昨年はこの時期バラの新芽が委縮する現象が多かったが、今年もわずかだが見られる。寒風による凍傷だと思われる。寒の戻りが少ないよう祈るばかりだ。
バラゾウムシも発見する。これから消毒の時間はない。今日はお休みのM.Sに電話し、明日にも消毒するよう依頼する。心休まないこの季節だ。  <T.U 記>
Img_d51b77864cdfb073dcae43c87f26132e0bdde51d
クリニックの寄せ植え 1
Img_5053f77de2a40b04211f3f7eed66d5e2dff3de4e
寄せ植え集合
Img_31fd3d67afe1ad81150fe348b73c75684dbd22f4
クリニックの寄せ植え 2
Img_94bfa5e7a62fc3c5462baf43fd8c277323a0e0ca
セントーレア もっと増やしたい花
Img_137d0ff19a762b29b28717780aa921bfcf37e610
スカビオサ 宿根できず植え直し
Img_ae90fbba0b90a26711ff53c90606e43ca398d0ff
ホリジ 利用してやらねば
いつもの時間に到着。陽だまりに向かう車の中で携帯が鳴る。
地元鉄道会社・遠州鉄道のバンビツアーの企画担当の女性からだ。
5月13、14、20日に浜松市と中遠地域のオープンガーデンを巡るバスツアーがあり、陽だまりもそのツアーを迎えることになり、打ち合わせをしたいとのことだ。
今日からの3日間ならいつでもと応えると、今日16時に訪ねたいとのことだ。
Img_dfbc6092a819c62a1f7f47aa88abf192ab7bc00e
ホスタ イーストゾーン
Img_a0331169a1d743f8b622467d48ea0370b232ee82
ホスタ グラベルガーデン
Img_39e70d8ca7c1f4a7d75ca3b75c75a3d88c508a4e
チャイブ ハーブヒル 植替え成功
陽だまりはこの2週間で見違えるように植物全てが大きく育っている。心配していたビオラや花かんざしなどの1年草も2週間前の倍ほどもボリュームがある。
この春は異常な低温だったのだ。この2週間はいくらか暖かくなってきたので一気に生育してくれたのだろう。
Img_99544a586ce23875b74f227314d51be4f8f4c1d2
フウロウソウ1 グラベルガーデン
Img_34d2865312054523be4b1167c1ef6c1255948df3
フウロウソウ2 グラベルガーデン
Img_b31335287c0e487651fc8ccbae9dd368e154f82b
ネモフィラ イーストゾーン
ネットで頼んであった苗が届いている。ラベンダー10株、斑入りナルコユリ5株、ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト3株、ユーフォルビア・ウールフェニー2株、サンパチェンス2株だ。
Img_df801cb31ae59860f765d1c28372434016206389
カマシア キングサリパーゴラ
Img_f6fdb5ddbbb016eda4f347eb7f83078f2c1b8949
キングサリ キングサリパーゴラ
Img_6c88187e62f2df270dd199391ddc346b7dac194c
松ぼっくり バックレーン
バンビツアーの担当者との打ち合わせは何の問題もない。打ち合わせ後、陽だまりを案内する。隅から隅まで熱心に見ていただき、説明のし甲斐があるというものだ。
Img_1e388a028343410f6bcaa6168c1aafb233ec572d
斑入りハナミズキ イーストゾーン
Img_751fa17c1a15fb2f893db31c7599310f630a8f5e
ハナミズキ 赤 ボーダー
Img_143245cc095987d81e866b13887b813e8734dbef
ホスタ 白露錦 常盤万作
帰り際、ホームセンターに寄りキッチンガーデンに植える、トマト3種6株、シシトウ3株、オクラ2株を求める。夏野菜を植えるにはまだまだ気温が低いように思うが、次回では苗がなくなってしまうかもしれない。じれんまだ。  <T.U 記>
Img_2688777746c0506b5ad1b63d914c65c97c482999
大漁だ 鯛釣り草 ケマンソウ
Img_1c8363dd2e60bf7642099f61bd46768c301fd8b1
ピトカイルニア・キサントカリックス
Img_036d58b93be2bb7fbf3a0d151f472d5f665ddbea
ヒューケラ ホスタ フウロウソウ
スタッフ全員揃って賑やかに、和やかに作業する。全員集合は毎月2回、金曜日の午前だけだ。
10時の休憩時、13日からのバンビツアーを迎える準備について意思統一する。陽だまりのポリシー”美しいガーデン”の今のベストをお見せすべく、それぞれの分担を確認する。
Img_8a2b12d851773687b2525ef33f81deed8295a06a
イングリッシュラベンダー
Img_9726420bcc2b67ab0aa70ce681a970e6350cb022
フレンチラベンダー
Img_b312ed96b12d3eda648182d42a6a0ac4fbad20fc
レタス カンパニュラ ジギタリス
ローズガーデンを始め、全てのバラが順調に蕾を膨らませている。1株1株点検する。バラゾウムシが発生している。S.Yの観測によると特定の株に着いているという。H.Tに消毒を依頼する。
Img_1b63f78c1180c17e0de7e71344bb9c4e6f37b1fd
ホスタ 風知草 グラベルガーデン
Img_e76339c41c337e5764ce1b291bc955637adc9758
ホスタ ヒューケラ
Img_5e1ad736dfdc43b1a02a2515c5e6db3fa3e5c135
ホスタ グラベルガーデン
ロンデルガーデンの洋芝も順調な生育だ。しかし、M.Sは少しのムラガ気に入らないようで、追い播きをした方が良いのではと言う。長い目で見ればいずれ伸びると思うが、その心意気を買って追い播きをしてもらう。
Img_87aa79c1b45672f07d60ef6e720e2d424d2ffebc
ボーダーとローズガーデンの間の
Img_f9c39fb8c6d66b90eb901cceaaa2ba96738a08d8
パーゴラ2基 ゲートと合わせ3連
Img_a50460f662ac51a0dd9ce860b9e0679d99a7ac6a
近未来のキングサリのトンネル
昨日までに届いた苗と夏野菜の植え込みをする。トマトにはこの後の低温を警戒して覆いを被せる。

<T.U 記>
Img_170d7e15ab02e767c3ab5e702eae59e9ebb53592
サルビア・スワンレイク ボーダー
Img_3f8d68e7130d31531dc48eb8220a6fa34ed9f929
エリシマム イエローゾーン
Img_f8355251785b8beb9326f07454fff73151a997dd
ビオラ チューリップ レッドゾーン
Img_4360ce1cb5ac4de2ab18a3e7e746d2362a474c42
ポーチドエッグ 白花 R花壇
Img_add6ff274865dd28e0de21f38d1071ba0fd6c287
あじさい 墨田の花火
Img_ebe3f5528328f1ecb5ebde9cce055dd291180fad
ジギタリス イーストゾーン
私は”こぼれ種の一人生え”が余り好きでない。コントロールされたガーデンにしたいから、計画していないものは歓迎しないのだ。この点でいつも妻と衝突する。そこで、周囲の植栽と調和する一人生え以外は苗を一旦ポットに移して育成し、しかるべき場所に定植することになった。今や幾つもの草花が種蒔きなしで揃うようになっている。
宿根草も大きくなったら株分けし、ガーデンのあちこちで増えている。今日はバーベナとカーペットカスミソウを株分けし移植した。
Img_604cccb5d0db14833c21a43954b5efaf45279673
ナルコユリ バックレーン
Img_a2de40f4a153f8cb10036375ce064199a1c3c59d
ルピナス バックレーン
Img_5fc22f7e07edf6bd7bdbcca472c0053e2633670a
ポピー Pガーデン
陽気が良くなれば害虫が出る。キッチンガーデン以外はオルトランを撒く。
陽気が良くなって生育が盛んだ。緩効性肥料をガーデン全体に施す。
陽気が良くなって雑草もはびこる。丹念に草取りをする。
Img_95c0e2840fcd95b59c572835087e955ff7d7d77a
ブルーゾーンからホワイトゾーン
Img_ab09cc1b4597d3f5fc4ed0536678fe0a7c5f19b1
ホワイトゾーン
Img_3a833a021a38219227f96e39daf360b55b47cc15
レッドゾーンからイエローゾーン
ルドルフガーデンは浜名湖花博に出展されたトナカイのトピアリーに赤鼻のトナカイ”ルドルフ”の名前を付け、クリスマスだけでなく、各シーズンの行事に応じたディスプレーをしたり、物語性を持たせたりして夢のあるガーデンを目指している。
このガーデンだけは金芽柘植のヘッジを施した。そのヘッジを眺めていたら”客車”に見えてきた。では、先頭は蒸気機関車の形にトピアリーしようと思い立ち、2年以上前から準備をしてきた。
Img_51ed276913bf0fa7082fb8de0fb664822b6d4110
トピアリー 蒸気機関車
Img_5288d7a1ac9a21623e13519513c2a6c0c8a5a3ab
トピアリー クジャクバト
Img_65bcd559a882134b001ff8cea8f3060a4855ecbc
トピアリー カタツムリ
ようやく形をなしてきたので顔をつけることにした。蒸気機関車と言えば”トーマス”と言うことになる。となれば、トーマス一人でなく”仲間たち”も必要だ。そこで、1年ほど前からヘッジの中間に隙間を作り2つの列車にする準備をしてきた。
刈り込みを終えた”きかんしゃトーマス”に模した部分が上左の写真だ。仲間は”スペンサー”に模してみた。”公爵夫妻専用の蒸気機関車で、自分が世界一速い機関車だと自慢している”所が気に入った。
顔は長男のパートナーがその道のプロなので依頼するつもりだ。ゴールデン・ウィークには帰省するだろうからお願いしよう。  <T.U 記>
Img_3524cb01e7f8e54ce2ffdac123fbd430ac4ba95f
ボーダー イーストゾーン ビオラ
Img_e6ad46490e9ab4c6f0260b27bf70b1ba41d95050
ライラック 白花 芳香が漂う
Img_2e18556247be7ca75b101a8325427c5815181cd2
なんじゃもんじゃ ヒトツバタゴ