Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img_0ecd32ea5d0177820b8675c4101c12e023eeef8b
ローズガーデンからルドルフガーデンを望む
Img_986c2abf21499fff33da84655562676f668389b9
インカ
8月後半の訪浜を休んだ訳ではない。
26日から29日まで、陽だまりライフを楽しんだが、今年の夏の異常な猛暑には、さすがに参った。
加えて、17日~20日と23日~26日の8日間、故あってある資格取得のための講習と認定試験を受けた。講習そのものは涼しい教室で聴講するだけだから問題はなかったのだが、5年半ぶりの長時間の満員電車に参った。
前半が川崎まで片道2時間、後半もお茶の水まで1時間余、電車もホームも階段も、どうしてこんなに人がいるのだろう。現役時代は永年良くぞこの試練に耐えたものだと我ながらつくづく感心した。
という訳で8月前半のガーデン日記は写真のみ、後半分はサボりと相成った。
それから3週余、認定試験の合格通知と認定証が届いた。疲れも幾分癒されるというものだ。

陽だまりはこの猛暑でも夏枯れを知らない美しさを維持されている。スタッフの努力の賜物だ。
水遣り、草抜き、掃除、花柄摘み、芝刈り、樹木の剪定、消毒、施肥、地道な作業の積み重ねだ。
この夏の猛暑続きで立ち枯れた宿根草や樹木も数多いが、抜かないで様子を見ている。
人間も堪ったものではない。早朝から作業してくれるスタッフには昼前に作業を切り上げてもらい、私達も13時から16時は休憩にする。シャワーを浴びないことにはお店にも入れないほど汗まみれだ。食事の後は横になったり、ガーデンセンターを巡ったりしているが、苗売り場には手を伸ばしたくなるものもない。売り場で涼んだ後、かき氷などいただいて疲れを癒す。  <T.U 記>
そうそう、思い出した。この夏には陽だまりで若者の出会いを演出するバーベキューを開いた。
陽だまりで出会った人が、カップルで陽だまりに遊びに来てくれたら、そして、ロマンスが実ってくれたらと願う。
イギリスのガーデンを訪れるとガーデン・ウエディングに良く遭遇する。レベルも施設も及びもつかないが、陽だまりで花嫁の撮影会など夢想する。

現実に戻って、このBBQでもキッチンガーデンで採れたシシトウが好評だった。
まだ暑さが続きそうで時期尚早かもしれないが、ブロッコリーの苗を植え、水菜、ホウレンソウ、チンゲン菜の種を播く。  <T.U 記>
Img_48c77e86f258c7d55e2dbdec2e5f06cf14d4e000
ボーダー イーストゾーン    日々草 初雪草
Img_919c55fb0d92f7f628abbc5df718c9b17fc22089
常夏 ?
Img_2e84de615481bf52fd6d981fac12dbf4deb2aa06
パーゴラとドリームウィーバー
Img_88b45845a78671b274dcb7afb0f28e37e5a022f6
ちょっとくたびれた          クイーンエリザベス
Img_4950046d64af5025e1c9bbbc5cf10d44f7e65d88
ボーダー  日々草 トレニア    ベゴニア フロックス ムクゲ  
Img_1f298a590788cc1f813c78b0d9abca6c009c0680
ギィドゥ モーパッサン
8月27日から新しいスタッフが加わった。H.Tという50代の男性だ。ガーデニングの経験はないが、興味は大いにあるという。将来的には陽だまりの管理を全面的に任せられるよう厳しく指導したい。

バラの夏剪定に丸2日掛った。痛みに弱い私としてはバラの逆襲に何度も悲鳴を上げた。それにつけても、この暑さの中咲き続けてくれるバラにはありがたいやら、嬉しいやら。ただ、暑さの所為で花持ちが悪いのがもったいない。  <T.U 記>
Img_0d5b7111184296aa6e274cc546336d20228cb7ca
セイヨウニンジンボク
Img_7ece85024d4b225b2da74e8e39f298a82e36ac56
ウィズリー
今年も地元とタイアップして祭礼の前夜祭に陽だまりでジャズライブを開催することになった。
大勢の皆さんが陽だまりを訪れてくれることを嬉しく思う。

ガーデン・コンテストについては、自分基準を指標にしているし、写真審査に疑問を感じている私としては積極的に参加は考えていなかったが、オーナーのY.Yから「これだけのものが出来たのだから、もっと評価されても良いのでは」との意見があり、”「花咲くしずおか」花いっぱいコンクール”に応募した。
その審査結果は次点にあたる”優秀賞”だった。”最優秀賞”を狙っていただけに少し残念だが、過去の受賞者一覧を見ると、初参加にして最優秀賞は高望みだったようだ。今年の受賞者は過去5年、常に上位の賞を受賞している団体だ。陽だまりは生まれてからまだ4年目、自分基準を貫き、それに近付けば、いずれは・・・と思う。  <T.U 記>
Img_05a2b291882c50558292155882a73371d165a59c
ボーダー イエローゾーン
Img_2779132c1cc41f95b104eab88581f867da84524a
ボーダー イーストゾーン
Img_0996fd635f67c557a3185ff78877d5236a0e3113
ボーダー レッドゾーン
生憎の雨模様だ。地面がぬかっていては作業しにくい。
ガーデンセンター巡りとする。3軒を回り
試験管ブラシの木(白色)別名カリステモン・キンポウジュ・ハナマキ 1株
ナデシコ(白、ピンク) 9株、 ユーフォルビア・ダイアモンド・フロスト 3株
秋明菊(白色 八重) 1株、 メラレウカ・レボリューション・ゴール 2株、
アリッサム(白色) 2株、 ビオラ(黄色) 10株を仕込む。

求めた苗を陽だまりへ置きに行くとバラが花盛りだ。雨に打たせておくのはもったいない。
切り花にしてゲストハウスに飾る。  <T.U 記>
Img_bbc32e7c7cfe4e022941374595ca46d98f889c0c
切りバラ
Img_1ad214d05ddc68759f7c5ff0855578e37b81e9c6
レーシーレディー
Img_9e9e3e785564385dfe40b05d0bc737c814752249
ドリームウィーバー
Img_4c537725042fee5a2cf70a709ce4b0e94f571eaf
ヘブンリーブルー
Img_f9622d8731f96df768e39e95d60e7d0ebb64830c
千日紅
Img_eef736af9aee84c44359726c8b06d807e015830c
ベンケイソウ
先日の急な冷え込みで気管支を傷めたようだ。咳と痰がおさまらない。
体調最悪だ。雨も時々ぱらつくので室内でできる作業をあれこれこなす。
掘り上げ乾燥していたチューリップの球根を分別、
小さめなものは別枠に植え様子を見ることにする。
夏の間暑さに負け委縮していたペチュニアが復活してきたので手を入れてやる。
ハンギングバスケットも枯れたロベリアなどの代わりにアリッサムとビオラを追加。
挿し芽用に求めたロックウールを適当な大きさに切り分け、ローズマリーの芽を挿す。
ローズマリーが大きくなりすぎてバランスが悪いので植え替える予定だ。

グラベルガーデンのユーカリが猛暑で枯れて、沢山の葉が落ちた。
スモークツリーもかなり傷んで葉を落として白い庭石を汚している。
徹底的に掃除をしてもらい、新しい庭石を追加することにする。

午後からは無理は避け、資材購入にガーデンセンターを3軒回る。(うち2軒は昨日とは別の店だ。)
芝の目土 10袋、 庭石(グラベルガーデン用) 10袋、 種蒔き用土 5袋、
チューリップ球根(赤、白、黄色、ピンク) 80球、 ナデシコ 10株、
シモツケ・マジックカーペット 1株、 スィートバジル、イタリアンパセリ 各2株
などを求める。猛暑の影響だろう、秋の草花の苗の品揃えはまだまだ少ない。  <T.U 記>
Img_8a379938b4d815a70b04b5827821462301fdac0e
P花壇とQ花壇
Img_8982029f1d9017900c493eb3ca31b89be3a87809
ラベンダーセージ(左)       メドーセージ(右) 中央はオリーブ
Img_0577904aa68f6ff8bc04751e3f462205727f5a42
ノウゼンカズラ
Img_f68b661104a9b2bdcd5fcf5bfab8ac2d7cc67104
クイーンマザー
Img_d9307ca412a0fb3038e28253d6e255cd9fab24f0
しのぶれど
Img_048223065fa270ab96ca3cbf0b12883877731409
エモーションブルー
Img_d1367640f4d902ddcd8b3f3d5b394c1e7237681a
ローズガーデン
Img_7f807a11af7cc0f769c157e5639f044f8b07948a
試験管ブラシの木(右)
Img_31080213fe96c55258213df695b5f0afc4386a23
キッチンガーデン
昨夜も咳で眠れなかった。朝一番でオーナーのY.Yのクリニックを受診する。
レントゲン、CTスキャン、血液検査の結果、肺がんの心配はないとのこと、一安心。
気管支の炎症が進んでいるということで薬を何種類もいただく。

今日のメイン作業はロンデル・ガーデンの洋芝に追い播きをすることだ。
バリカンで深刈りにした後、レーキでサッチを集め、さらに電動バキュームで吸い取る。
そこに目土を入れ、種を播き、軽く覆土してたっぷり水遣りする。
10日もすれば芽が出てくるだろう。今年の冬は青い芝のロンデルになるだろう。

トピアリーに挑戦している。下の写真のカタツムリと踊る少女、小鳥がそれだ。
久しぶりに刈り込む。大きさも一回り大きくなった。
来春辺りにはガーデンにデビューできそうだ。  <T.U 記>
Img_9a917a9c6b3287ee79fc678ae0ef36d9ea62c4a7
トピアリー かたつむり
Img_f53f58527d13c12ff3d8dac1b45e28759e14b0ac
トピアリー 踊る少女
Img_7ad37701aff7b1586f8f1b0fe634dcb7a10b2e72
トピアリー 小鳥
Img_a70f5fec6885bb82985ae3a958c60980c79e5518
ヨハンシュトラウス
Img_7b0b4754ab69e7f3d12dd6712ba04770a02a5516
クィーンエリザベス
Img_6089fd07bd1bb4b1dc39da4eff756ce3f6cf8e6d
常夏
Img_f9b8842568f89348dea06c3cacc507c1260f820f
インカ
Img_5a3955de0df101442b970cf42b9bffc8b32e7895
アスピリンローズ
Img_d21ac18d6b850cc3a65dbf578136851e73eb9445
ポルカ
陽だまりでは各種の野生動物の被害にあっている。
一番困っているのがモグラ、あちらこちら掘り起こされ草花が倒れてしまう。
駆除器や薬剤などいろいろ試しているが効果は少ない。
タヌキもガーデンを掘り起こして困ったが、市役所の方が捕獲したとかで最近は出ない。
最近はイノシシが出始めた。陽だまりに直接の被害はないが、足跡は残していく。
ハクビシンも出ると聞いていたが、今日の白昼に目撃した。
気が付いたら、ローズガーデンの芝の上にいた。追い払うとビニールハウスを通り、
Qガーデンから隣の農地に逃げた。見張っているとさつまいもを漁っている。
さらに追い払うと水路のトンネルに逃げ込んだ。カメラを構えて待ち受けるが、
少し顔を見せては奥へ戻ってしまう。根負けして逃がしてやることにし、
その場を去ると、一目散に駆けて行った。  <T.U 記>
Img_b92f74c11af912bd756da3fd80641b0e93dd5c15
ハクビシン(白鼻芯)?
Img_9765cc92924cb6a3b177fe0303f84e2dcaebe4e8
ゲート付近
Img_078468e7da706297cae432273c4c60839dec386a
ナツユキカズラ