Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img_1ef5679529daeb66480829ecca548f3aa53de2cd
ホリホック ムクゲ
Img_30d7ee58d9d5cfbaa05d20ee2583cea893344e43
ベンケイソウ アカンサス
Img_0182c1387f2c403e7f8985adeeba3ded90db6a66
スカビオサ アガパンサス
6週ぶりの陽だまりになる。
この間1か月のスコットランド周遊を楽しんだ。
帰国して中2日での訪浜だが、1か月の留守でマイガーデンや市民農園の手入れに手間取り、この日は夕方の出発となってしまった。
陽だまりの様子は留守中管理をしてくれたS.Yから随時連絡があり、「特に問題はなく、とても綺麗だ」とのことだ。
久しぶりの陽だまりとの再会は明日の朝になる。楽しみだ。  <T.U 記>
Img_18af80a1788d4a6cbf8833b7ea6cdbb5c092e3db
ローズガーデン エプロンの少女
Img_003fd32d7b833221b45faf9079c18a52617c3453
四季を通して咲くマチルダ
Img_ae5d9cbf0f3fc7b8e103825914f8e8f45afcfe95
陽だまりで1年を超したフクシア
久しぶりの陽だまりは期待通り良く管理された状態だ。
雨の日が多く、害虫の異常発生もあったようだが、スタッフの努力に感謝。
休憩時、留守中の写真など見せてもらい、陽だまりの一番美しい時期に留守にしてしまったことを反省する。
梅雨の晴れ間で良いお天気だ。終日ガーデン各所のこまごまと手を入れ、陽だまりとのふれあいを楽しむ。
女性陣3人は留守中に大きく育った種から育てた夏の草花の苗の植え込みに追われる。  <T.U 記>
Img_de308e3981a89223d8f846fbface329728233170
フロックス サポナリア
Img_da09bdc89f7aa6867b9041d4a9808f7e47a62977
定植を待つ夏秋草花の苗
Img_de183c6d3aaeb624e4fec308c740a02eea028aab
風に揺れ爽やかなボックセージ
降ったり止んだりのはっきりしないお天気だ。
前半最後のオープンガーデンだが、お客様もなさそうだ。
クリニックのコンテナの寄せ植えの手入れをしばらくしていないので、機材を持って向かう。
花柄摘みや込み合った葉の整理などしてやる。
午後からは本降りとなってきたので、資材の補充などのためホームセンター巡りをする。
スイレンの苗があったので将来の睡蓮の池造りに備え実験的に育ててみることにし、2株と鉢を求める。  <T.U 記>
Img_af900feb11e31afe2a492b6d17f425cd67ff566c
グラベルガーデン ホスタ
Img_81d0f2ba434ff37f4b6520e37d822d07b25dd09c
ローズガーデン
Img_723ac23953c71346865f1be42f85a323de3b2cbc
ボーダーブルーゾーン ホスタ
今日もしぶしぶと断続的に降っているが、久々の陽だまりで遊んでいる訳には行かない。
雨に濡れながらバラの手入れをする。自己流で花柄摘みや傷んだ葉を落としたり、込み入った枝を剪定する。バラの棘の洗礼に何度も悲鳴を上げる。
昼はいったんゲストハウスに戻り着替えをし、昼食後も再び作業を続ける。
ガーデニングに終わりはないが、手を入れれば入れただけの成果が見られ嬉しいものだ。陽だまりの輝きが増した。
結局夕暮れまで作業し。帰京は深夜となった。  <T.U 記>