Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img20090921153940
オープンガーデンの看板
Img1b20090921153940
ヘブンリーブルー
Img1c20090921153940
ベンケイソウにナミアゲハ
今日は折り良く中遠オープンガーデン花仲間の会合が開かれる。
掛川で新幹線を下り、東海道線で磐田まで行く。所要時間を計算し間違えて、10分の遅刻だ。
この1年の活動報告がある。随分活発な活動がなされていると感心する。
出来る限り参加したいと思うが、訪浜スケジュールと合わない行事も多い。

花仲間のガーデンを訪れた際、オープンガーデンを示す看板があったので、事務局にお願いしておいたところ、追加作成していただけた。早速ゲート下に設置する。
Img2a20090921153940
ハンギング・バスケット
Img2b20090921153940
ルドルフ・ガーデン
Img2c20090921153940
ローズガーデン エプロンの少女
まだ秋の彼岸は遠いというのに秋の気配が感じられる。
陽だまりではへブンリーブルーが清らかなブルーで迎えてくれた。
昨年は地植えしたら葉が茂るばかりで1輪しか咲かなかったのだ。今年はコンテナに植え、肥料をやらないで育てた。工夫が実って蕾がたくさん付いている。10月が満開だという。楽しみだ。

バラも期待していた以上に咲いている。やはり、秋の訪れが早いのだろう。
そして、定期的な施肥と消毒が奏効しているのは間違いない。  <T.U 記>
Img3a20090921153940
メインコンテナ ローマの皇帝
Img3b20090921153940
BBQ炉 寄せ植え
Img3c20090921153940
時期外れのスモークツリー
Img20090921154815
イエローゾーン  ベンケイソウ
Img1b20090921154815
レッドゾーン 日々草
Img1c20090921154815
イーストゾーン 日々草 フロックス
明日は久し振りのオープンガーデンだ。
例により、”今のベスト”に仕上げるべく、細かなところにも手を入れる。
昨日の会議で来年のオープンガーデンの日程の検討を依頼された。
通年オープンにする考えも浮かんだが、見ていただく限りは”今のベスト”をという思いの方が強い。来年度も訪浜時の土曜日のオープンということにしよう。

ゲートに吊るしたハンギング・バスケットとBBQ炉に置いたコンテナの夏の草花が終わりを迎えた。
秋バージョンにとガーデン・センターを巡ったが思うような苗が見当たらない。
バスケットはペチュニア3色に植え替え、コンテナには金魚草とカルーナを追埴する。
ボーダーの1年草の後も何ヶ所か土がむき出しになっている。
レッドゾーンにコスモス、イエローゾーンには黄色の百日草とハマギクを植え込みきれいになった。
水色のデュランタを見つけ、衝動買いする。ハーブガーデンの一隅に隙間を見つけ植え込む。
Img2a20090921181731
グラベル・ガーデン
Img2b20090921154815
キッチンガーデン
Img2c20090921154815
アゲラタム ジニア
キッチンガーデンも夏野菜が終った。沢山花をつけているシシトウ以外は抜いて、牛糞を入れ漉き込む。
(シシトウは大豊作で沢山の方に楽しんでいただいたらしい。私達もスパーで買う3パック分くらいをいただいて帰る。)
レタス3種18株、茎ブロッコリー6株、芽キャベツ6株、スイートバジル3株、イタリアンパセリ2株を植え、スナックエンドウ、ラディッシュ、青梗菜、水菜の種を蒔く。

歓迎準備完了だが、果たしてお客様は見えてくれるのか・・・。  <T.U 記>
Img3a20090921154815
ベンケイソウ
Img3b20090921154815
唐辛子 ブラックパール
Img3c20090921154815
ブルーゾーン 秋明菊
Img20090921155139
しのぶれど
Img1b20090921155139
わらべうた
Img1c20090921155139
黒真珠
オープンガーデンの日だが、朝から今にも振り出しそうな空模様だ。
昨日まであんなに良いお天気が続き、草木のためには一雨欲しいところではあるが、何も今日でなくても良いのだ。
ガーデンへの道案内は周辺7ヶ所に設置したが、受付やお茶の準備などは見合わせる。
ガーデニングに終わりはない。イギリスで見た幾多の美しいガーデンに近づこうと思えば、作業は次から次に浮かんでくる。

ローズガーデンの高麗芝は想定以上に出来上がっているが、ロンデルガーデンの洋芝は今一つだ。次回辺りに追い蒔きを試みよう。

キングサリが2mを越すほど育ってきた。いよいよパーゴラの作製が待ったなしだ。
構想は出来ているが、材木の仕込み先など早急に選定しなければならない。幸い協力いただけそうな方の見通しは立っている。
Img2a20090921155139
マチルダ
Img2b20090921155139
アスピリンローズ
Img2c20090921155139
ミミエデン
残念ながらお客様はさっぱりだ。グループホームKの入居者さんが訪ねてくれたほか、ご家族の方が一人訪れてくれた。
我々の在園時に逢えることを楽しみにしていたと言ってくれる。ガーデンの色遣いが気に入って参考にしたいとのこと。また、K花壇とR花壇の縁取りに使ったカレックスのアイディアを真似たいとのことだ。
こういう具体的な感想はとてもありがたく嬉しいものだ。

10月の地元のお祭の前夜祭に陽だまりでジャズのライブが行われることになった。
前回のBBQの時、オーナーのY.Yと陽だまりの地主であり、自治会の会長でもあるU.Sさんとの間で話が持ち上がり、とんとん拍子に決まったものだ。
地元のハーモニカクラブの演奏も行われることになり、地元との融合が図られそうだ。
近くの保育園の園児の訪問も定期的に続いているとのことだ。
陽だまりがこんな風に使われることはヘッドガーデナーとして大きな喜びだ。

金芽柘植でトピアリー作りに挑戦している。終わり仕度をしていて、”カタツムリ”に仕立てている株が気に掛かり手を入れ始めた。
夕方まで何とか持っていた空からポツポツきたと思ったら、突如バケツというよりタライをひっくり返したような豪雨に襲われる。あっという間に下着まで濡れてしまった。  <T.U 記>
Img3a20090921155139
レオナルドダヴィンチ
Img3b20090921155139
サンダンス
Img3c20090921155139
インカ
Img20090921160006
和音
Img1b20090921160006
ラブリーメイアン
Img1c20090921160006
アルバメイディーランド
昨夜の豪雨は大変なものだった。前回のBBQ時以来の雨だったというから、草木には3週間ぶりの慈雨だ。
陽だまりも2年前は雨が降ると低い通路に水が溜まり、しばらく歩けなかった。
今は土作りが進んだから保水性が増したし、土留めの工夫もしたので少々の雨では大丈夫になったが、さすがに昨日の雨では土が流れ出た。
一回り通路の掃除をする。何ヶ所か手を入れるべきところが見つかる。

それにつけても、土作りは思い掛けない進展だ。当初入れたマルチ材、次に出合った牛糞堆肥、その後手に入った川砂の混じった黒土。M.SとYがそれらを丹念に混ぜ合わせてくれたことで素晴らしい土になった。

雨で埃を洗い流された草木が美しい陽だまりに2週間の別れを告げ帰路に就く。  <T.U 記>
Img2a20090921160006
アイスバーグ
Img2b20090921160006
ヨハンシュトラウス
Img2c20090921160006
ブラスバンド
Img3a20090921160006
クイーンマザー
Img3b20090921160006
ゆうか
Img3c20090921160006
ラベンダードリーム
Img20091004213904
ゆうか
Img1b20091004213904
アイスバーグ
Img1c20091004213904
ブラスバンド
14時、陽だまり着。満開のヘブンリーブルーとバラに迎えられる。

前回キッチンガーデンに植えた茎ブロッコリー6株、芽キャベツ6株の内、残っているのは3株だけだ。虫に根をやられたらしい。懲りずにもう一度植えてやろう。
その他の野菜は順調だ。種蒔きしたものも発芽している。
シシトウは相変わらず大量に収穫が続いているようだ。

明後日のオープンガーデンに向け、目に付く所から手を入れる。  <T.U 記>
Img2a20091004213904
マチルダ
Img2b20091004213904
ミミエデン
Img2c20091005182220
ヨハンシュトラウス
Img20091004214212
R花壇からローズガーデンを望む
Img1b20091004214212
レオナルドダヴィンチ
Img1c20091004214212
レッドゾーン イーストゾーン
当地も好天が続いているようだ。タップリの水遣りから始める。
そして、花殻摘みと雑草抜き、芝のエッジの手入れと地道で腰の痛む作業が続く。

ロンデルの洋芝が今一つ納得行く状況にない。マイガーデンに残っていた種も含め洋芝の種の在庫整理をする。4種類の種を混合し追い蒔きする。
先ずはサッチを徹底的に除く。この作業が腰に応える。一輪車2台分のサッチが出た。次に目土を入れ、種を蒔く。均一に蒔くのは難しいものだ。更に目土を入れ、均してからタップリの水をやる。
種が古いこともあり、どこまで発芽するかは分からないが、これが思うようにいかなかったら芝の種類の検討をしよう。

K花壇とR花壇の縁取りに植えたカレックスが大きく成長した。黄変した古葉を取り除き姿を整える。

明日のオープンガーデンに備え、ほぼ”今のベスト”に仕上がった。心晴れやかに作業を終る。  <T.U 記>
Img2a20091004214212
夏雪かずらからハーブヒルを
Img2b20091004214212
夏雪かずらからロンデルを
Img2c20091005182031
常夏
Img20091004214444
子供の楽団 フルート
Img1b20091004214444
子供の楽団 指揮
Img1c20091005182514
トピアリー 蒸気機関車
今日はオープンガーデン日和というより残暑が厳しい。
先ずはガーデン全体の掃き掃除をし、受付と紅茶サービスのセットをする。
続いて道案内の看板をいつもの場所に取り付けて回り準備完了だ。

トピアリーとは柘植やイチイ、コニファーなどを人や動物や幾何学的な形に仕立てる装飾刈り込みのことだ。
陽だまりには大きなトナカイのトピアリーがあることはご存知の通りだ。赤鼻のトナカイの名をいただいて”ルドルフ”と名付け、その一角をルドルフガーデンと呼んでいる。
そのルドルフガーデンは後部にラティスを立て、前三方は金芽柘植のヘッジを育成中だ。このヘッジをただ普通にトリマーするのでは面白くない。列車に見立てて先頭を蒸気機関車のトピアリーにするアイディアが浮かんだ。
機関車の部分を春から伸び放題にしてあったが、初めて刈り込んでみる。客車と区別し、丸い胴体に煙突風に突起を3ヶ所つけてみた。何となくトーマスに見えなくもない。
他にも”カタツムリ”、”少女”、”鳥”のトピアリーに挑戦している。まだ30cmほどの小さなものだが、何時か紹介できるだろう。軽い遊び心だ。

子供の楽団も花に囲まれご機嫌の演奏だ。
フルートの手前は日々草、ジニア、メランポジウム、後はバラ・クイーンマザーだ。
指揮者は紅白の日々草と白のフロックスに囲まれている。
トロンボーンはトウガラシ・ブラックパールの赤い実と日々草、秋明菊だ。
シンバルはメランポジウムと千日紅、リュートの周りはジニア2色とサルビアだ。

オープンガーデンのお客様は低調だ。この残暑ではガーデン巡りは思いつかないのだろう。

訪浜の都度、ゲストハウスの近所のお好み焼きに通っている。地元のお客さんとも交流し、随分親しくしていただいている。
ご主人がペンキ屋さんなのでキングサリのパーゴラ用の材木の仕入先を相談したら、大工さんを紹介してくれた。設計図を見ていただき強度などはほぼOKをいただく。自力でやるつもりだった基礎についても考慮いただけるという。材木の種類なども材木店に問い合わせ見積もりしていただくことになる。
お客さんの中に植木屋さんがいて、草花の支柱用の枝を捜しているといったら、二つ返事で引き受けてくれた。
こんな交流が出来るのも地方ならではのことだろう。嬉しいことだ。  <T.U 記>
Img2a20091004214444
子供の楽団 トロンボーン
Img2b20091004214444
子供の楽団 シンバル
Img2c20091004214444
子供の楽団 リュート
Img20091004214951
クリニック 寄せ植えコンテナ
Img1b20091004214951
藤蔓のオブジェ
Img1c20091006180725
彼岸花
朝一番でクリニックのコンテナの手入れをする。
この寄せ植えは水遣りがしっかりしているので非常に長持ちをする。
花殻摘み、古葉・古枝落とし、液肥・緩効性肥料を施す。蘇って、まだまだ咲き続けるだろう。周りもしっかり洗い流し完了。

陽だまりの近くの川の土手の彼岸花が美しい。今年は秋の訪れが早くバラを始め草花の開花が早いように感じるが、この花だけはキッチリお彼岸に合わせて開花するから不思議だ。暫し車を停めて観賞する。

昨日述べたお好み焼き屋さんのご主人の趣味は山だ。鮎・アマゴなどの魚釣り、筍・コシアブラなどの山菜採り、藤蔓・蔓梅もどきなどのオブジェ作りなどの名人だ。
そのご主人からいただいた藤蔓のオブジェに防腐剤を塗りボーダーに置いた。天然素材だけにしっくりと調和する。

へブンリーブルーが毎朝多くの花をつけ爽やかに迎えてくれる。昨年失敗しただけにひとしお嬉しい。

陽だまりでのジャズライブが具体化してポスターまで作成された。
地元のハーモニカクラブの演奏はスケジュールが合わなかったようで残念だが、ライブの前に地元の祭の前夜祭のお囃子が陽だまりでも披露されるという。
ハーブヒルに舞台を造り、自治会から沢山のパイプ椅子も持ち込まれる予定だ。
多くの観客が集まるってくれるよう期待が膨らむ。  <T.U 記>
Img2a20091004214951
クリニック 大コンテナ寄せ植え
Img2b20091004214951
へブンリーブルー
Img2c20091004214951
ジャズライブ ポスター