Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img_15afb11a97c7172e623216fa30bf9694
Rose クロード・モネ
Img_ec967d519eceb9349fc73125e838f4e9
Rose ウィズリー08
Img_e3024a77d88a1b3c5cb8c8a1dbf9163a
Rose ミニバラ
12月の訪浜は日程の都合で今回の1回だけとした。

マストの作業は都合30本のつるバラの剪定と誘引だ。
難物はゲートのフランソワ・ジュランビルだ。ゲートの左右に2本植えてあるのだが、茂っている割に良いシュートが少ない。大胆に半分以上の枝をカットする。
21日は小雨がぱらついたが何とか全てのつるバラを処理できた。来春が楽しみなもの、危ぶまれるもの様々だ。
作業の合間にスタッフとのささやかな忘年ランチでこの1年の陽だまりへのご協力に感謝。

バラがまだ咲き続けている。
クロード・モネがこれまで見せたことのないグラデーションで咲いている。(上左)
ウィズリー08も重たげなほど大きな花をつけている。(上中)
Img_0cbe753d14d983c6fa03876e9ea2f0ab
Rose クイーンズマザー
Img_dae567078e35ec7ed303dfecd03ae586
Rose クイーンズマザーUp
Img_6dcf38630514a4ae4e155569ddea7d6d
つるバラ 剪定・誘引 1
クイーンズマザーが清楚に咲いている。秋?バラならではの咲き方だ。(上)

誘引はオベリスクよりアーチフェンスの方がやりやすい。フェンスの方は芸術的に仕上がった。(上下)

ミモザは11月初めから蕾をつけている。今は色づき始めさえしている。(下)
Img_dac495088f53f6f9528aa0e8296bf8b3
ミモザ
Img_fb2388f3869824df842f24d914ae8bb7
ミモザUP
Img_fa7d6b76779358b8de723d3329c6c4d2
つるバラ 剪定・誘引 2
Img_c311f797d0a9469aeb1b52d66cd6d0eb
ニコチアナ
Img_76b523222a6e752a9d5f03383c45b36f
アストランチア
Img_7f547f3a99ed1560ec1e48e523b0e684
ガウラ
夏の花がまだ咲いている。暖冬の所以だ。(上)
アストランチアは何年も挑戦しているが、陽だまりではまともに咲いたことがない。初めて咲いた花が返り咲きとは・・・。でも、来年からは咲いてくれると期待できる

バラのトンネルにしたいのだが、お隣の果樹で日照時間が足りないのだろう、シュートが伸びてくれない。(下左)
二人掛かりで3時間、悪戦苦闘で剪定・誘引したゲートのフランソワ・ジュランビル。(下中)
Img_3324577d40f04e2a37ea032ee305693c
つるバラ 剪定・誘引 3
Img_302aa3aa9a2927e19d65dd4086c0d11d
つるバラ 剪定・誘引 4
Img_fb9b008495af4dedfd8d29b0072b86d9
ボーダー イエローゾーン

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする