Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img_bcbef3eaab9a35ca9ce1dcd9a9716b7f
クリスマスローズ 満開
Img_ff2472b65883904b55c1fc199ae9276a
クリスマスローズ 満開
Img_7f83c6f903bd2c03c4d4f5a0b392af82
クリスマスローズ 満開
クリスマスローズが満開だ。花数、大きさ、色合い全てがこれまでの最高だ。
決して高価な苗を求めたわけではないが、ピコティーあり、ダブルあり、スポットありとバラエティー豊かに揃っている。
Img_1161fbc4f7e2becd3f7d403a077bdda6
クリスマスローズ 満開
Img_5b68f619203f41a87735dcc472d38436
クリスマスローズ 満開
Img_c5dbb752542950b52c716675d938e629
クリスマスローズ 満開
Img_ca773b03f665f95a141323e2981275c0
オベリスクのトップに装飾
Img_03bd0a27dc89e5f13c60414c2ae9d669
ベンチ完成
Img_05a310610c48e0bafeb8056ac3077948
オベリスク “ピラミッド”
都内の園芸店巡りで見つけた円錐形のアイテムをホワイトガーデンのオベリスクのトップに取り付けた。西洋のお城のタワーのような雰囲気がして面白い。

アイランドガーデンのベンチが完成した。材料費もリーズナブルで上々の仕上がりと一人悦に入る。夏はどんぐりの木陰で涼めることだろう。ここを吹き抜ける風は上等なのだから。

昨年はバラが伸びてから無理に被せた“ピラミッド”だが、今年はラティスの間から良い具合に芽が伸びだし、構想通りになってきた。

スイセンもようやく開花し始めた。ホワイトガーデンの剪定枝による仕切りも効果的だ。

アイランドガーデンの円形レンガベッドの中心にシンボルツリーの“ハイノキ”を、回りにはベロニカ“オックスフォード”を植え込んだ。徐々に形になってくる。

イーストゾーンには例年通りアグロステンマとアキレア・ノブレッサを植え込む。
Img_6b010487c577d9daf2c77cdc6fe8c7be
ホワイトガーデン スイセン 
Img_c8fb2a5664564d9dbb9fc36e40904215
アイランド・ガーデン シンボルツリー
Img_6c63b99e4c1daff489d61ea3135c870a
ボーダー・イーストゾーン
Img_5aac5fd84edafcfff02e7e67693c9039
木瓜のつぼみさらに膨らむ
Img_a8b1e1409ce0f654b92911b01f70db08
ヒメコブシも開花
Img_ca96b9ced38a97b7ad68742b83b746f7
ユキヤナギ
木瓜(ぼけ)の蕾は今にも弾けそうなほど膨らんでいる。

昨秋植えたヒメコブシも開き始めた。

R花壇とボーダーの境界の生垣のユキヤナギもまもなく白い垣根になるだろう。

寒さ対策の菰掛けや、雪囲い、プラスチックドームを取り除いた。確かな芽吹きが確認でき、頼もしく思う。春本番も間近だ。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする