Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img20080124171540
ビニールハウス内のビオラの苗
Img1b20080124171540
ビニールハウス内のラークスパーの苗
Img1c20080124171540
ハウスから出したストックほか
心新たに陽だまりに向かう。
陽だまりにとって昨年は誕生の年であり、どちらかと言えば造作物・ハードの年といえよう。
ひるがえって今年は植栽・ソフトの年といえよう。フラワーガーデンを目指す陽だまりには、これが一番大切なことなのだ。
イングリッシュ・ガーデンらしい植栽をイメージしても、それにふさわしい花苗が手に入るかどうか。また、それが陽だまりの風土に合うかどうかも問題となる。
管理も大変だ。水管理、施肥、手入れなどどうなることやら。よく「足音が最良の肥やし」と言われるが、東京と浜松の距離は如何ともしがたい。
幸いM.Sが頼りになるが、一人だけでは重労働であるし、心許ない。M.Sの助手が務まる人を見つけなければならない。課題だ。

前回から3週間、これが最大許されるブランクだろう。三が日の明けるを待っての訪浜だ。
2時過ぎ陽だまりに着くと、M.Sが待ち構えている。3週間の間の報告を受ける。最も残念なのはルドルフガーデンのポインセチアが寒さと強風で傷んでしまったことだ。危惧されたことではあるが、N店長に相談しての植栽だけに残念だ。M.Sから電話連絡を受け処分してもらった。
その他の樹木・草花は異常なく順調に生育している。ビニールハウスの苗の水管理もしっかりしている。

さて、今回も地味な作業が続く。2号ポットから3号ポットへの移植が中心だ。この作業の良さは温かいハウス内で出来ることだろう。
今夜は早速新年会を催すことにする。M.Sの奥さんは趣味の会の会合があると言うことで、3人で今年の陽だまりを肴に大いに語りかつ飲む。  <T.U 記>