Garden HIDAMARI ガーデン 陽だまり
メニュー :
| お知らせ | ガーデン誕生 | ガーデン日記 | F.Uの写真集 | 登場人物 | ゲストブック | リンク | 姉妹サイト 花と英国 |
Img_7bd1378d1f097afae6de65250b57deeb
Img_33c85f6d60c78a2ef1f98d25192792b2
Img_f9fe62dacdad110f3f06e26bdb3073d4
13日の「中遠オープンガーデン花仲間の会」の会合で磐田市、袋井市、掛川市のバスが延6回訪問したいとの申し入れがあった。もちろん大歓迎だ。寒くて冷たい冬の作業の苦労を思えば、多くの人に見ていただきたい。スタッフのモチベーションアップにもなる。
役員の皆さんのご尽力で会が発展していることが喜ばしい。勉強会の桜の話も面白かった。
残念だったのは、再会を楽しみにしていた花仲間が病気で欠席だった。会の後、一緒にランチをと思っていたのに残念だし、気掛かりだ。

写真上
左 ボーダー・イエローゾーン ムルチコーレ5株を植え込む ビオラとともに一足早く春が来た
中 ボーダー・ガーデン裏   バラのアーチとオベリスク ここでも1株を入れ替え
右 ブルーベリー小屋     防寒、防暑、防草のマルチを施す すでに蕾が沢山着いている

写真下
左 アイランド・ガーデン   ミモザが春を告げている
中 グラベル・ガーデン    根付いたと思ったセアノサスがサドンデス もう一度挑戦
右 ボーダー・レッドゾーン  ヒメコブシのつぼみもほころび始めた
Img_0c7457a9f0dbe4a1577f289139ed4a86
Img_fc2fc3c9f2e7ead161b23d0780fb0469
Img_2b3c52c46a9a736aae537cad200de717
Img_1412e04955e20644b5710e44c6f77891
Img_107fc84c61aec4f38cd1d0fd338ade44
Img_c1600434c4e4d7d58a80c7c8ac7cd715
今回は13日月曜日に「中遠オープンガーデン花仲間の会」の会合があったので1日ずらした日程だ。

今回も天気に恵まれ、風も穏やかで作業がはかどった。
作業の1つは新しいバラの植え込みだ。バラも10年経って傷んできたものが幾つかある。原因やら対策やら思い悩むのは止しにしておこう。植物には寿命があると受け止めて、さっさと新しい苗に入れ替えることにしている。今年は16株を新たに迎えた。今回はその内8株を植え込んだ。
もう1つは掃除、草抜きだ。日頃からスタッフが頑張ってくれているので、こちらも“より美しく”と力が入る。お陰で“草一つない”と自慢できる状態だ。写真からもお分かりいただけるだろう。

写真上
左 ボーダー・イーストゾーン バラとシャクヤクを1株づつ植え込む
中 ボーダー・イーストゾーン 手前 ネモフィラ  奥 クリスマスローズ
右 ボーダー・ブルーゾーン  ベロニカ・マダムマルシア この周辺には4種のベロニカがある
Img_9fb4d12adba7a3151edda96c2ee29c51
Img_207f414d67e3c61209a3d2fe9fc86ade
Img_33558970637d0440a1d05d981f8c5f43
写真上
左 メイン・コンテナ  この冬“花かんざし”を3株植え込んだ ミニバラも期待される
中 ゲート看板下   レウイシア 10月に地植えしたものが何とか冬越しした
右 R花壇からイエローゾーン、ローズガーデンを望む  ローズガーデンも4株入れ替え

写真下
左 R花壇      手前 忘れな草  奥 アリウム
中 バックレーン   ルピナス6株を植え込む
右 バックレーン   新しいフェンスにつるバラ2株を植え込む

Img_9e2a50b014af3df2db5cc1d6a49e4bdf
Img_8bf8174f28066bf5a1406304e255dffa
Img_c20ee49fc60aa0618fcfccd464171ff4
Img_1fdb083b514dbf6a8418fded405edd7e
Img_2105d3b48fe3b41705d295f9f0bb16e6
Img_046259d8b789bc61a7b7eaf9466c90b1
写真上下 BBQガーデン&バックエンド   クリスマスローズが満開
Img_11f23e27ce8bce4d0fdc76be653d4881
Img_74201c3992d9482ce38c7e86bd053756
Img_8ee52b4f84d77d93d65b677b0cc85a65
今回の訪浜で11年目に突入した。
2007年の2月16日が初めての陽だまりだった。まだ陽だまりという名もなかった。
初めは3年ほど月2回の訪浜でスタッフに指導したら、後は2ヶ月か3ヶ月に1度の指導で回っていくだろうと考えていたが、甘かった。スタッフが着いてこられなかったのだ。
何が幸いするのか、幸いに代えるのか。そのお陰で良いアルバイト・スタッフが見つかり、多くの支援者も現れ、素晴らしいガーデン造りを10年も楽しませていただいた。そして、陽だまりを通じて望外の交流があった。
振り返れば、この10年で234回の訪浜を重ね、944日を陽だまりで過ごしたのだ。
この10年のオーナーのY.Y始め多くの関係者のご理解とご支援に心から感謝を申しあげたい。
この先どこまで続けられるのか、どのように後継していくのか、課題も多いが、コンセプトの“美しいガーデン”があれば自ずと道は開かれるだろう。
11年目は“より美しく”を掲げて取り組んで行きたい。
Img_41030f4d2bd8c365f010a9e4e51f2e1c
チューリップの芽 セラスチウム
Img_6d72e54a40a8e5a03103fa8b95935a8d
新設のフェンス
Img_f8ccf6c15d6bff33f56db1d9460b5766
ホワイトGからハーブヒルを望む
写真上左
寒の最中ではあるが、チューリップの芽も順調に伸びている。いたいけないほど小さなセラスチウムの苗も定植した。
写真上中
今年の冬の作業はハーブヒルの南側にフェンスを新設した。ガーデンが引き締まった感じがする。
写真上右
ホワイトガーデンからハーブヒルを望む。新しいフェンスの位置がお分かりいただけよう。

写真下左
今回のマストは木バラの剪定だ。6株の木バラを一気に剪定した。全体に木に力がなく、良いシュートが少ない。10年も経つとバラも老化するのだろうか? とシャレている場合ではない。しかし、気を揉むのはほどほどにしておこう。3株を植えた。
写真下中
色味の少ないこの季節、ジュリアンの色味は嬉しい。
Img_a232949f2c8916164444ead5f4696d0f
ローズガーデン レインボーボーダー
Img_52eb4e73c6115b9a94c0ed29d467f7e2
BBQ炉 ジュリアンの寄せ植え
Img_ab4bb0162d4974780fbf76f724670e1c
クリスマスローズ 1
写真上右 下3枚
BBQガーデンのどんぐりの根元のクリスマスローズが咲き揃ってきた。この季節嬉しい花だ。
Img_37bcf8dab72ff08cb350652b4b56dc7b
クリスマスローズ 2
Img_a5ba6c7865a6a2a391a8c9a1d7f7bbde
クリスマスローズ 3
Img_569aa32c4f47f6e82eed13baf790bc95
クリスマスローズ 4
写真下左
R花壇 勿忘草が順調に生育している(右側)。アリウム・ギガンチウムも早くも芽を出し始めた(左側)。
写真下中
ボーダー・イーストゾーン 草花のないこの季節にこそ楽しんでいただきたくて設置したオーナメントだ。是非、楽しんでいただきたい。
写真下右
アイランド・ガーデンのミモザが良い樹形になってきた。蕾もすっかり色づいた。支柱も付け替えて強風に備えた。

全ての写真に雑草が1本たりとも写っていないと自負している。スタッフの努力のお陰だ。春に向けて雑草との追い駆けっこが始まるが、先手を取ったのはこちらだ。今がこの10年で一番美しいと言える根拠だ。
Img_f90e903088ec970b3145cd005d127da9
R花壇
Img_9124d7d6aa1fabcd8072a1c8cb911d28
ボーダー イーストゾーン
Img_c1ee649ac22f648569425f49887c81a1
良い樹形になってきたミモザ
Img_e2642e397971ecbdd431b6a559e6b008
Img_bb1741f638d5f9263ab260d79be50585
Img_f1e0bb45ec3022bbfe473597f213c77e
寒の真っ只中の訪浜であったが、遠州にしては風も弱く作業しやすい天候に恵まれた。

作業はひたすらお掃除に明け暮れる。文字通り草一つないガーデンに仕上がった。今月で丸10年となる陽だまりだが、現在が最も美しいだろう。
冬ざれのこんなガーデンを楽しんでくれるゲストが欲しいものだが、無いものねだりか?
Img_b0aeb321c1cd11f0b137c8cc67e8fd08
Img_30c777f3c281665a1a2389b46c66891b
Img_a1a72e656683372b4c608abbd1032292
前回手入れをしたコルジリネの“アフター”が下右の写真だ。スッキリした。
Img_fcf2949c07a53a54cc6d8c5d64e8865f
Img_8bd140b704f659beca736ba911873eb8
Img_23a0004428664afc68cf08fad5dc482b
Img_1ad8c6c0f826b233218ad49edadafc36
Img_89510a810b0e3c920827ef6b3c9cd534
Img_722224a79231ed827d45b49aac35d73d
新年最初の訪浜だ。この2月で陽だまりは満10年を迎える。よくぞここまで続けられたものとご支援いただいた皆様に感謝したい。
そして、11年目の陽だまりの目標は“より美しいガーデン”だ。
そのためにも、気象変動の激しい昨今だが、植物に優しい穏やかな気象をと願う。
また、今年もたくさんのご支援、ご来訪、ご愛読をお願いしたい。

バラは12月に全ての蕾を摘んでしまったので咲いていない。陽だまりが1年で最も淋しい季節だ。
そんな中で頑張っていたのが、ハーブガーデンのローズマリー(写真上中)とローズマリー(写真下右)だ。
クリスマスローズも咲き始めた(写真上右左、下左)。これから続々開花するだろう。

13日は寒波が押し寄せ、浜松では滅多にない積雪となった。ホワイト・ガーデンはまさに名前の通りになった(写真上右)。
Img_943d1261d43997dedd383bb5bd83b90b
Img_e81938ef3f1c1ab98d0c07f62e36265a
Img_31eb12ee520cc357b92b013c1ecb8c0b
スカビオサも寒さの中頑張っている(写真下左)。
ヒメコブシの芽が膨らんできた(写真下中)。開花まであと1ヶ月半だろう。

写真下右は手入れ前後の様子をお知らせしようと撮影した“ビフォー”の姿だ。しかし、肝心の“アフター”の写真を撮り忘れた。次回掲載予定。乞うご期待。

今回の帰路の新幹線の雪による遅れは20分程度で済んだ。前回は小田原の沿線火災のため浜松駅のホームで2時間の立ちん坊をくってしまった。10年も通っているとこんなこともある。
Img_4642d1d2a48fdd806462419ef807115a
Img_a3d44e6fd718bd06f0fc37c98348b481
Img_4ebe15ce3f100305cc3b41a7298130ad